海外業者が増える中で特に注目度が高いThinkForex

876現在はオーストラリアに拠点をおいていますが、以前はニュージーランドに本社がありました。オーストラリアに移転したのはつい最近のことなのですが、この移転をきっかけに、今まで以上に様々なサービスが改善されるのではないかと目されています。

バイオプと非常に似たシステムを搭載しているここでは、そのボーナスの受け取りができるメリットがあり、このボーナスに惹かれて利用を始めるトレーダーも実際のところ少なくないことでしょう。しかし、ThinkForexにおいてはボーナス受け取りのための条件が設定されており、この条件には細心の注意を払わなくてはなりません。この条件というのは最低でも2000ドルを口座に入金しなくてはならないというものであり、ボーナスが振り込まれてから60日以内に入金がなければ没収されてしまうことになるのです。また、ThinkForexではさらに入金を行うとその都度10%分のボーナスを受け取ることができるメリットも用意されています。ただ、ThinkForexから獲得したボーナスは引き出すことが可能ですが、それ以前にここにも受け取りのための条件が設定されているので、くれぐれも誤解のないように把握しておいて下さい。

具体的に説明すると、2000ドル入金すれば200ドルのボーナスが発生するのですが、実際にこれを可能にするためには400万通貨の取引量があることが前提条件だったりするのです。ですから、取引においてその条件を満たせるのかどうか、事前に確認を行っておくほうが誤解が生まれずに済みます。自分の取引スタイルが、とてもこの条件を満たせるものではないことに気づく場合もあるからです。

では、ThinkForexのスプレッドについてはどうなのでしょうか。ThinkForexのスプレッドはUSD/JPY、EUR/USDでほぼ1PIPSですので、他の業者と見比べてみてもさほど狭いと言えるものではないでしょう。またThinkForexはオーストラリアの業者なのだから、AUD/JPY,AUD/USDのスプレッドは他の業者よりも狭いのではないかと期待されがちですが、これも特に狭いと実感できる幅ではありません。しかし、けしてトレーダーたちの満足度が低いスプレッドというわけではありませんし、ThinkForexは約定スピードがネイチャーフォレックスと同等レベルで速いことにも一定の評価を得ています。

つまり、ThinkForexはスプレッドと約定スピードの点でバランスが取れており、総合的な満足度が高めの業者であるといえるでしょう。取引環境についても全く問題ありません。顧客へのレスポンスのスピード・質においても満足度の高いサービスを提供できているといえるでしょう。